お見合いがなぜ今見直されているのか?

恋愛結婚をした人の実に半数以上が、「お見合い結婚に興味がある/興味があった」と言います。

 

なかには、「お見合い結婚をすれば良かったかも…」と考える人も。

 

最近では「婚活」という言葉もすっかり根付いたように、きっかけの出会いにはこだわらない人がずいぶんと増えました。

 

以前は、「お見合い結婚よりも恋愛結婚至上主義」的な考え方が主流でしたが、今では「また昔のようにお見合い結婚が主流に〜」とまではいかないまでも、結婚における「お見合い」という制度が若い世代の間でも見直されています。

 

その最たるものが「婚活」であり、結婚相談所でもお見合いがおこなわれる件数がグッと増えてきています。

それではなぜ、恋愛結婚よりもお見合い結婚を選ぶカップルが増えているのでしょうか。

 

それはやはり、「結婚」ありきではじめられるからです。

恋愛の場合は、その先に必ずしも「結婚」があるとは限りません。

 

しかし婚活にしてもお見合いにしても、二人が恋愛を始める先には既に「結婚」という目標が用意されており、そしてその「結婚」という目標を双方一緒に目指していけるかどうかを探っていくわけです。

 

また、お付き合いを始める前には、しっかりと相手の「条件」を提示されます。

この点も実は「破局」ないし「離婚」を防ぐための重要な事柄なのです。

 

愛があればお金なんて、環境なんて…」とは言いますが、それだけでは円満な結婚生活を営んでいけないことは、多くの人で証明されています。

ですから、不安な要素はあらかじめなくしておけることに超したことはないのです。